人気ブログランキング |















<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
うつわをつくる_066
e0000881_1826209.jpg

釦 土:白信楽+練り込み土 釉薬:裏側チタン白濁

e0000881_1826104.jpg

イヤリング 土:白信楽+練り込み土 釉薬:なし(焼きしめ)

e0000881_1826091.jpg

ブローチ 土:白信楽+練り込み土 釉薬:3号釉拭き取り

e0000881_18255170.jpg

コップ 土:白信楽+練り込み土 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

e0000881_18254471.jpg

蕎麦猪口 土:白信楽+練り込み土 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

e0000881_18253519.jpg

マグカップ 土:白信楽 釉薬:見込みのみチタン白濁

e0000881_18252635.jpg

ペーパーウェイト 土:白信楽+練り込み土 釉薬:なし(焼きしめ)

e0000881_18251633.jpg

ブローチ 土:白信楽+練り込み土 釉薬:3号釉拭き取り

年末年始のバタバタに溜めこんでいたのを一気に。
以前にもやってるシャツ釦 前回までと違い半磁器土でなく白信楽なので気持ち収縮が大きいのか小さくなった気もしますが問題なく使えてます。
同じタタラ板の欠片を半球状に削ったイヤリング。次のブローチも含め、金物パーツは梅田ヨドバシに入っている貴和製作所にて購入。色んなパーツがって楽しすぎます。
で、年賀状にも使用した馬型ブローチ。素焼き段階で足一本欠けたのですが、無かったことにして続行してたりします(笑)
次のコップも同じくタタラ板にて。阪急百貨店の女性陶芸家展でみた作品に影響されて、出来る範囲で似た表現はどうしたら?と無理やり、色の層をミルフィーユ状でタタラ板をつくって、削った部分の深さで違う色と思っていたのですが…削り時に色の判別がつき辛く想像してたより色の変化が少ない結果に。
蕎麦猪口はシンプルに色ドベで口元に青を。マグカップは何か化粧土で装飾しようとしてた様な気もしますが、バタバタの中真っ白に。これはこれで、使いだしてからの変化で味がててくるかなと。
タタラ板を切り貼りして、家型のペーパーウェイト。ですが少し軽すぎたかもです。
最後は鳥型のブローチ。化粧の色ドベがわざとらしくならない感じにバランスよく…と意識したのですが…本人は結構いいバランスじゃないの?と満足してますが、どうでしょうか?(笑)

ダァーッと流しでいきましたが、本年も楽しんで制作していきたいと思いますので宜しくお願いします。
by coil_matumura | 2014-01-23 19:16 | 陶芸