うつわをつくる_078
e0000881_17514133.jpg

時計盤  土:半磁器+練り込み土 釉薬:焼締め 

e0000881_1748785.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

e0000881_17482031.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

e0000881_17512026.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

クライアントへの贈り物の時計盤は、テキスタイルからの影響。刺繍で表現されているだろう描写を下絵具練込んだ土にて点描風にしました。発色が思ってたより出なかったものの、淡い感じもまた良しと。筆置きの点は柔らかさもあるけど、象嵌のほうがシャープな印象になるかなとも。
レンゲは以前の折れた物の補充もかねて、、、と思ったら、適当さがここにきて、サイズがひと回り(もっと?)大きくなってしまったというオチ。ちょっと、口に入れるには大きすぎる感じで、取分けに使うサイズかなと。
型紙つくったほうがいいんだろうなぁと思いつつ、まぁ不揃いでいいのかとも。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-01 18:07 | 陶芸
<< 雑誌掲載 Re:Toyosaki 豊かさ >>