うつわをつくる_057
e0000881_10314085.jpg

小物入れ 土:半磁器+練り込み土 釉薬:焼き締め

e0000881_10313376.jpg

釦 土:半磁器+練り込み土 釉薬:裏面のみチタン白濁

e0000881_10312449.jpg

御猪口 土:赤3+白化粧 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

e0000881_10311653.jpg

御猪口 土:赤3+白化粧 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

e0000881_1031672.jpg

御猪口 土:赤3+白化粧 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

ちょっと時間が開いてしまった陶芸教室。
まずは練りこみ土でのタタラ板で小物入れ。結構(悪い側で)いい加減に作ったものの歪も少な目で割れもなく焼きあがり良かったです。

その余りのタタラ板で釦。麻か綿生地の白シャツにつける予定です。既製品のシャツでも釦の取り換えで一気に特別感が持てるのは自分だけでしょうか?

残り3つは挑戦し始めた電動轆轤での御猪口。
赤3土にて成形してそれぞれ白化粧にて土味を見せる部分を抑えてます。

電動轆轤になって衣服の汚れ度合が増えました。小学校の頃、クラスの中でも特に書道で墨を飛ばして汚してしまうタイプだったのを思い出します…
[PR]
by coil_matumura | 2013-05-20 10:53 | 陶芸
<< 伝える事。 春の息吹 >>