カテゴリ
全体
雑記
建築
陶芸
未分類
最新の記事
S-house archda..
at 2017-03-31 10:14
「 南大阪スタジオ 建築家..
at 2017-03-18 11:27
Yu Tang-project
at 2017-03-15 21:39
homify掲載
at 2017-02-17 08:44
homify掲載 + 住人十..
at 2017-01-16 20:17
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧












<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
里づと_看板追加
e0000881_21533921.jpg

昨年に引き渡しの済んでいる里づとさん。
もう少し、お客さんへのアイキャッチとなる看板を追加したいとのお話しで植栽帯に設置しました。
本体は店舗も担当して頂いたトータルさんで。塗装はお施主様で。描き文字は店内サインも書いていただいているイラストレーターの辻本真美さん。そこに、本日自分がセレクトしたカフェ、ギャラリー、雑貨をイメージするアイテムを直貼りしました。
後日、船舶照明が付けられて完成です。
実物を使ったアイコン配置の、ちょっと面白くも可愛らしい看板となりました。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-18 22:08 | 建築
Web掲載 dezeen
e0000881_13483622.jpg

また掲載情報ですが、海外のWebマガジンdezeen にもReToyosakiを掲載して頂きました。
英語は殆ど出来ない自分ですが、翻訳機能などから想像するに、小さな空間で広く暮らす為に取り入れた、カーテンでの区切りを軸に繋がりのある空間をピックアップして頂いているのかと。
設計意図を組んで貰っての掲載は嬉しい限りです。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-17 13:56 | 建築
LiVES発売 
e0000881_1356238.jpg

先日も告知していた、LiVES 2015 APR. & MAY vol.80が本日発売され、
特集30'S HOUSESでRe:Toyosakiを掲載して頂いています。
全国書店にて発売されていますので是非ご拝読ください。

Ozon magazine
Homify
でも、掲載頂いています。
有難く、多くの方の目に触れる機会となりましたが、拝見して頂いた方に、少しでも何か心に残るものがあれば嬉しい所です。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-14 14:09 | 建築
Web掲載 designboom
e0000881_10545018.jpg

海外のWebマガジンdesignboom にReToyosakiを掲載して頂きました。
日本以外に住まう人達からは、また違う見え方がしてるのかなとか思いながら、いつもながら廻りに助けて貰って掲載までの資料提出ができました。あらためて感謝致します。

昨日より、真冬並みの寒さが戻ってきた大阪。打合せの帰路から家に入ったときの安堵感。
そこに関わる事を、生業と出来ている幸福と責任をしっかり意識していきたいと思います。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-11 11:10 | 建築
雑誌掲載 Re:Toyosaki
e0000881_16422440.jpg


Re:Toyosakiが3/14発売予定の「LiVES」vol.80に掲載して貰える事となりました。
あまりサイトではハッキリと明記してませんでしたが、現在の自分の住まいでもあります。取材・撮影が1月末にあり、カメラマンの方が知人繋がりだったりと、これまた不思議な縁も感じつつ、素敵な記事として頂きました。有難うございます。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-02 16:43 | 建築
うつわをつくる_078
e0000881_17514133.jpg

時計盤  土:半磁器+練り込み土 釉薬:焼締め 

e0000881_1748785.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

e0000881_17482031.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

e0000881_17512026.jpg

レンゲ 土:並赤+黒化粧 釉薬:チタン白濁

クライアントへの贈り物の時計盤は、テキスタイルからの影響。刺繍で表現されているだろう描写を下絵具練込んだ土にて点描風にしました。発色が思ってたより出なかったものの、淡い感じもまた良しと。筆置きの点は柔らかさもあるけど、象嵌のほうがシャープな印象になるかなとも。
レンゲは以前の折れた物の補充もかねて、、、と思ったら、適当さがここにきて、サイズがひと回り(もっと?)大きくなってしまったというオチ。ちょっと、口に入れるには大きすぎる感じで、取分けに使うサイズかなと。
型紙つくったほうがいいんだろうなぁと思いつつ、まぁ不揃いでいいのかとも。
[PR]
by coil_matumura | 2015-03-01 18:07 | 陶芸