カテゴリ
全体
雑記
建築
陶芸
未分類
最新の記事
homify掲載
at 2017-05-23 14:59
風呂ンティア Re:Toyo..
at 2017-05-08 18:13
S-house WoodP..
at 2017-05-05 10:10
ASJ CELL MEDIC..
at 2017-05-01 16:28
S-house archda..
at 2017-03-31 10:14
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧












<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
うつわをつくる_074
e0000881_17433324.jpg

マグカップ 土:並赤+赤5化粧 釉薬:チタン白濁、見込み 黒マットのうえチタン白濁
e0000881_17434590.jpg

湯呑 土:並赤+赤5化粧 釉薬:チタン白濁、見込み 黒マットのうえチタン白濁

新居にて来客時のマグカップが数がないので、と造りだしたものの、
釉掛け時に取っ手がとれてしまったという。後、2個制作中のものも、同じく一つ取っ手が取れたので、まぁ湯呑2個とマグカップ2個のセットということで、、、と、趣味ならではの緩さです。
焼き上がりは、うつわをつくる_067の時の鉢と同じ感じで思ってたのですが、赤5化粧の所の色味が思ってたより茶色が強くでました。下地に白化粧してなかった事か、チタンの掛かりかたが薄かった事かどちらかの理由だとは思うのですが。

本日、灯しびとの集いに行ってきましたが、やっぱり楽しいですね。木工の宮内知子さんのブローチを購入。合わせ木という行程で出来る、樹種の違いからの表情が面白く可愛らしいのです。
[PR]
by coil_matumura | 2014-11-16 18:09 | 陶芸
里づと_竣工
e0000881_12262192.jpg

里づとオープンしました。
11/5からでのオープンでしたが、すでに沢山の方々にお越しいただいて嬉しい限りです。
e0000881_12171455.jpg

ランチもカフェも、食材から器にまでこだわって、茶釜で入れた珈琲、豆のセレクト・焙煎は各地で講師なども務めておられるみさご珈琲さん、そして素敵な器や雑貨などもあるんだから人気にならないわけがないとは思ってましたが、実際に思い描いていた景色にお客様がはいっているのを見て、本当に嬉しく思います。
e0000881_12173118.jpg

オーナーさんの趣向として、自然な草花が好みで、でも少し個性もあって…と、なんだか判りづらいオーダーに答えてくださったtamansariさんの鉢植えも里づとの植栽に、見事にマッチ。メインの三つ又は御庭にも植えていて、2.3月頃に綺麗な花が咲くそうです。

現在は、オープニングイベント、第2弾として11/16(日)まで
『Noel〜聖夜〜』ブティック・プチあきこさんセレクトの12名の作家さんの商品が飾られています。
昨日伺った時に、自分もブローチをひとつ購入しちゃいました。
e0000881_12174364.jpg

是非、能勢まで足をお運びください。常設も含め、素敵な作品が一杯です。
[PR]
by coil_matumura | 2014-11-13 12:57 | 建築
うつわをつくる_073
e0000881_11443687.jpg

絵付け平皿 土:白信楽 釉薬:3号釉

e0000881_11442960.jpg

絵付け平皿 土:白信楽 釉薬:3号釉

e0000881_1144212.jpg

絵付け平皿 土:白信楽 釉薬:3号釉

e0000881_11441262.jpg

絵付け平皿 土:白信楽 釉薬:3号釉

e0000881_11435795.jpg

お香立て 土:白信楽+赤5化粧 釉薬:焼絞め

e0000881_11434270.jpg

時計平板 土:白信楽+並赤 釉薬:3号釉拭取り

まずは、たたら板にて取り皿になりそうな物を…と思ったけど、下駄履かせのが垂れてしまった4枚。絵付けは(たしか)呉須。ちょっと昔にネット掲示板で絵を乗っけてた頃を思い出しつつ(笑)で、楽しかったり。いつもの如く、お菓子くらいは載せれるだろう…の精神で使っていこうと思います。
お香立ては、ちょっとサイズ感やディール等、思ってたのとズレがある感じです。いつもは、違ってもまーこれもいいか。だったのが、初めてな感覚。リベンジするか、どうか…

時計は能勢の物件の竣工お祝いに。ムーブメントを通す穴がほんのわずかに小さく、少し削ってと思ったら割れてしまったので、接いでます。今回は、砥の粉接ぎ。漆は前の時のかぶれで懲りたので、接着剤にて、金箔なイメージとは違ったので、砥の粉(木の粉)をまぶしてみました。ちょっと面白い仕上りに。ただ、竣工お祝いで接いでの物もアレなのでリベンジはします。

なんだかんだで、同じ手法をくり返してましたが、通う教室も枚方公園教室から梅田教室に転向したりと、少しだけ環境が変わりました。少し違う事もやってみようかと思い始めたりもしてますが、どうなることやら。
[PR]
by coil_matumura | 2014-11-13 12:04 | 陶芸