<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
拡がる小さな世界
e0000881_11583130.jpg
e0000881_11582017.jpg

放置気味の飼育ながらスクスクと育ってくれるメダカ達。
水草に続きタニシも仲間入りしてみました。濾過機等使用していない環境なのでちょっと増えすぎる気配もありげですが、鉢を覆っていた苔もほぼ無くなり、狭いながらに循環する生体環境が出来てるようで面白いです。メダカ自身も浅い稚魚用の鉢でどんどんと大きくなってくれてます。
[PR]
by coil_matumura | 2013-07-16 12:06 | 雑記
うつわをつくる_061
e0000881_1121743.jpg

碗 土:半磁器+練り込み土 釉薬:見込みのみ黒マットのうえチタン白濁

前回続きの碗で釉薬違いです。
前回の碗よりは少し軽く出来てましたが、やはり茶碗としては少し重め。
余った時間で作っていたタタラでの小物や蕎麦猪口も焼きあがりつつあるので、
焼きあがったら一旦区切ってもう一度電動ロクロでの制作への流れに復帰予定です。
[PR]
by coil_matumura | 2013-07-16 11:35 | 陶芸
色の置き方
e0000881_1302727.jpg

暫くバタバタとイベント参加やプレゼンテーション等動いているなか、使ってみたいなーと思うインターネットで見つけた材料がペーパーウッド:滝沢ベニヤ(株)
合板をつくる工程で再生紙を挟んで色をつけるという、単純かつ合理的な作り方でそしてその細いラインが素敵です。
設計段階で上手く色をいれるのはナカナカに難しいと感じているのですが、この感じはスッとさり気無い様でいて、でもキリッと締めてくれそうな気がします。
[PR]
by coil_matumura | 2013-07-08 13:28 | 建築
うつわをつくる_060
e0000881_12532216.jpg

碗 土:半磁器+練り込み土 釉薬:見込みのみ黒マットのうえ天竜寺青磁(艶無)

いつもの切り込みラインシリーズで碗。
父親から飯茶碗作ってやとの軽い会話があったので、本当に使うのかどうかは疑問ながら作ってたのですが少し厚みが残ってて重いかも…という仕上がりに。後ひとつ次回焼き上がってくる(釉薬違い)方とで使いやすそうな側で渡してみようかと思っています。
[PR]
by coil_matumura | 2013-07-08 12:58 | 陶芸