場所をつくる
e0000881_13533213.jpg

自転車で駅まで通うようになりルートも交通量の多いメイン通りでなく住宅街の中を抜けていくようになりました。この間、比較的新しい分譲地の道路にて子供のアスファルトへのチョークでの落書きを見つけました。
その時間帯にお子さん達はいませんが楽しく遊んでいる姿が浮かびます。
子供の遊びに関してTVゲームやアミューズメント施設等整えられた遊び場は増えてますが、逆に公園や道でのボール遊び禁止や遊具の撤去など確実に狭められた部分がある様に感じられます。特に自分が幼少の頃 自然の多い場所で育った記憶があるためか何だか寂しい気分になります。
そういった遊びはその目的のみで作られてなかった場を遊び場に変えてしまう、言わば「自分達の場所を自分達でつくり出す」経験をしてたように思います。これはさまざまな形で後々の糧となっています。
近々20数区画の分譲地の計画に関わる仕事の予定がありますが、管理され閉じきった街並みではなく隣近所で程よい距離を保ちつつ自分達で一緒に街の雰囲気をつくっていると思って貰えるような方向に出来たら…と。
色々なハードルがすでにチラホラ出てますが…
[PR]
by coil_matumura | 2010-12-13 15:19 | 建築
<< うつわをつくる_015 うつわをつくる_014 >>