T邸_010
e0000881_20343777.jpg

仕上げの箇所はすぐにきっちり養生してくれていたので
全体像を見るのは最後になって漸くだったりします。
リビングの鬼くるみ(ウォールナット)のフローリング
一枚物の無垢はコストの面からも無理でしたが
今回選んだUNIタイプ(ベニヤ状のような層でなくブロック状の集成)も
心・辺材部分の差による色の違いが良い顔を作ってくれています。
オイルフィニッシュでより締まった表情に。

竣工に向け現場が慌しく動いていますが
外部廻りが暫く続いた天候の悪さで土曜日まで少し残りそうです。
内覧会に来て頂ける方へ、本当に申し訳ありません。
逆に考えれば、一般の方には普段見る機会のない
職人さんの仕事が見れるチャンスになるかも!?
[PR]
by coil_matumura | 2010-03-11 20:53 | 建築
<< T邸_011 素材感 >>