やまはる農園
e0000881_17033587.jpg

先週の土曜日にやまはる農園さんの稲刈り体験にお呼ばれして能勢まで。
生憎のお天気で、稲刈りは中止となりましたが、そこは切り替えて、芋ほり体験組とお昼調達組みへ。
e0000881_17033975.jpg
なんか神々しい光でとれたジュン君。
e0000881_17034021.jpg
ヤカンが似合うハルちゃん。



お昼には、ノマディックさんのお弁当+当日スペシャルメニューの棒寿司に、薪パン日々さんのパンも少し購入させて貰いました。
e0000881_17034209.jpg
e0000881_17033830.jpg
e0000881_17184489.jpg
e0000881_17033986.jpg
お味はいうまでもなく最高です。
更にジュン君特製カレーもついて、超豪華。
e0000881_17034136.jpg
そこに先程お昼買い出し時にお会いした薪窯パン ふくくるさんの臨時購入会も発生。
e0000881_17184591.jpg
e0000881_17033617.jpg
その後は、オヤツに持ち寄り+ハルちゃん特製渋皮煮で珈琲タイム。優しい甘さだけど味がしっかりで、めっちゃ美味しい。


なんだかんだで夕方近くまでなり、帰りに駅まで送って貰うついでに、棚田にも連れてって貰うというスペシャルコース。
e0000881_17033725.jpg
参加されたご家族にはお子さんも多く、賑やかで、それでいて落ち着いた一日。
ゆったりとした休日を楽しみました。
贅沢とはこういう事を言うのだと思います。

[PR]
# by coil_matumura | 2017-10-13 17:32 | 雑記
うつわをつくる_087
e0000881_21252707.jpg
小皿 土:白信楽+黒化粧土 釉薬:3号釉
e0000881_21252836.jpg
小鉢 土:半磁器 釉薬:見込みのみ3号釉
e0000881_21252837.jpg
小鉢 土:白信楽 釉薬:見込みのみ黒マット+チタン白濁
e0000881_21252810.jpg
小鉢 土:半磁器 釉薬:見込みのみ黒マット
e0000881_21252835.jpg
碗 土:半磁器+赤5化粧土 釉薬:黒マット

焼きあがってため込んでたのも含め、久しぶりの陶芸アップです。
忙しいを理由に一度も教室にいけない月もあったりと、少し怠け気味。
間が空くと、素人ながらに、やはり感覚が鈍っている感が。
もう、ちょっと落ち着いたら、一度、仕切り直しな気持ちで取り組みたい…なとか、後にとしてる時点で駄目なんだと頭では判っているつもりで、動けてない。 
ふんばり時なのだと、思うことにします。





[PR]
# by coil_matumura | 2017-09-30 21:40 | 陶芸
ASJ 奈良スタジオ 建築家×リフォーム&リノベーション展 参加のお知らせ
e0000881_10240933.jpg



この週末からの3連休、上記イベントに参加させて頂きます。
自分の暮らしに合わせた住まいをお考えの方、是非お越しください!



[PR]
# by coil_matumura | 2017-09-13 10:27 | 建築
里づと wide掲載 + S-house archello掲載
e0000881_10131592.jpg

e0000881_10132419.jpg


里づとを  wide に掲載し頂きました。 そして、 S-houseを  archello に掲載し頂きました。

里づとは、早いものでもうすぐ3年目になります。オープン後も益々素敵になっていってますので、是非 チェックを!公式Facebookページ 里づと

S-houseは、ちょうど少しズレての半年点検に伺うアポイントをとった所で、その時のお話しでは満足していると言って貰えています。実際に伺いその確認をさせて頂ければと思います。

e0000881_10354113.jpg
そして、生糸 (Kiito-design office )の岸本さんと協同設計の「Yu Tang - project」ですが、お盆前に、現地へ最終確認へ行って来ました。プレオープンで、少し残工事もあったりしたのですが、最後のスケジュールも厳しいなか、美しく仕上げて貰えた様に思います。ハノイでは、競合も多いタピオカミルクティーのお店の中で、ブランドとして他との差異を明確にした素敵なお店が出来上がりました。 ハノイにお越しの際には、是非 Yu Tang へ! 
公式 WEB SITE http://yutang.vn/

竣工写真は少し後になる様子なので、それもまた楽しみにしています。


[PR]
# by coil_matumura | 2017-08-19 10:55 | 建築
Yu Tang-project -03
e0000881_16042180.jpg
生糸 (Kiito-design office )の岸本さんと協同設計中の「Yu Tang - project」の状況です。

現地からの施工途中の画像が届きました。
外装はまだ下塗りだと思うのですが…足場がすでになかったりで、細かな部分などは、常駐は出来ないので、やはりコントロールが難しいのですが、そこはスタート時より想像・覚悟していた要素でもあるので、岸本さんとともに、最終押さえるべき部分に関しては現地への再確認をお願いする形で、基本は現場を信頼する方向となっています。
e0000881_16043746.jpg
最終パネル割り間には色目地が入り、もう少し華やかな雰囲気になる予定です。

e0000881_16044917.jpg
2階に一部 外部となるテラス空間が新しくできます。
e0000881_16051115.jpg
e0000881_16052553.jpg
e0000881_16053484.jpg

e0000881_16045840.jpg
階段と仕切り兼ねたディスプレイ棚になる縦格子も綺麗に建ってる感じです。
ちらっと見えてる、階段手摺も色目地と合わせた色になります。
e0000881_16054675.jpg
現場は最後の追い込み中だと思いますが、クライアントに満足して貰える空間になる様に頑張ってくれていると思います。

お店としては8月頭にソフトオープン予定で、そこに合わせて、最終の現場確認に行ってくる予定です。


[PR]
# by coil_matumura | 2017-07-26 16:34 | 建築
いなほ不動産_くらすま
e0000881_12230806.jpg
いなほ工務店様の不動産部門として、「いなほ不動産」を立ち上げられるとの事で、社屋倉庫部分を改装してのスペース作りを、
くらしのすまい(くらすま)」として担当させて貰っています。

外観に関しては、フランチャイズグループに入るので、ドドーンと定型の看板等設置が決まってますが、内部はバキバキに決めるのではなく、DIY的な緩さ、不動産窓口だけどカフェのように立ち寄れるスペースにしたいとの要望です。
e0000881_12231860.jpg
既存内部は倉庫利用で、荷物さえ整理すれば、解体なども必要なく、工事に取り掛かれる状態でした。
プランとしては、そこまで大きなスペースではないので、最低限のパーテーションとBOX席で構成する形の予定です。

e0000881_12232963.jpg
e0000881_12233966.jpg
e0000881_12235103.jpg
少し引きをとった開口部のレールと設備配管をしこんでの、土間打ちと既存壁・天井の塗装までが終わると、それだけでもイメージは一新されます。工事区分も、いなほさんスタッフでのDIY(セミプロ?)な部分と専門職人さんでお願いする部分とを、ゆるーく判断しながらなので、その出来上がりにワクワクドキドキしています。





[PR]
# by coil_matumura | 2017-07-22 12:40 | 建築
Yu Tang-project -02
e0000881_14593410.jpg
ベトナム ハノイでの「Yu Tang - project」の現場打ち合わせに行ってきました。
今回は香港航空で、香港経由でのハノイで、行きは少し乗り継ぎ時間があったので、お昼を香港で。
e0000881_15002121.jpg
e0000881_15040823.jpg
設計やってたら何かしらで見てるであろうI・M・ペイの中国銀行タワーと(画像に映ってないが)右側にはフォスター卿のHSBC銀行。
e0000881_15033863.jpg
お昼は市民ホールっぽいところの上にあるお店で、飲茶を。
e0000881_15115884.jpg
その後にホール内のギャラリーで開催されていたデザイン展に。そのなかで、伝統的なお茶を気軽に外でも、と一式揃えられた屋台のような什器が、とてもカッコよかったです。


e0000881_15160321.jpg
ハノイには夕方頃、到着でホテルは前回と同じ旧市街地域で。
日本語を少し話せる人がいたり、日本人とのハーフの人がいたりと、やっぱり親日なムードなのが、少し安心させてくれる。
晩御飯は、ホテル前の少しローカルなフォー屋さんに挑戦。
e0000881_15202843.jpg
e0000881_15204350.jpg
現地のローカルなお店って雰囲気もあるのだろうけど、美味しい!
フォーガーx2、ハノイビール缶x2で90,000.VND かなりザクッとな換算で日本で450円くらい。
廻りの人のを見てると、オプションなのかレバーっぽいのが追加されてるのとかも。


次の日の午前中に、メニューイメージの水彩画の打ち合わせにいくと、パッケージのサンプルが。
e0000881_15231629.jpg
素材はまだサンプルなので、変更があるみたいだけど、綺麗なデザインに。
その他、WEB等の素材や仮サイトも出来ているとの事。
そして、現場に。
e0000881_15235481.jpg
e0000881_15551081.jpg
真っ白なターポリンっぽい仮囲いに、店舗のサインとアイコンが。
これは、びっくり。
ベトナムで、こういうのは、まだ珍しいとの事で、気合の入れ具合が嬉しいです。
内部はまだ、解体と一部 壁を立ち上げている段階です。
e0000881_15234674.jpg
e0000881_15235868.jpg
e0000881_15235791.jpg
基本は、柱・梁・スラブまでRCで、壁はレンガ積にモルタルの上、塗装が一般的のようです。
左官はお手の物な感じ。エレベーター枠廻りに石貼りとかあったのを取ってフラットにというのも、綺麗に塗りこんでくれています。
e0000881_15235554.jpg
e0000881_15240573.jpg
階段部分もレンガ積みなのが、びっくり。レンガの見えている部分から想像するとRC打ち込みというには薄すぎる感じが…国が違えばでしょうか。
下のフロアーは元々、スチールの桁を見せた意匠だった階段部分。職人さんが現場に住み込みで作業してるそうです。衣服が干してあったりと、なかなかカオス空間。お昼前の時間だったので、スープが温められ始めたところ。
e0000881_15241683.jpg

現地設計チームとの打ち合わせ前に、自分達もお昼へ。
おススメの所に連れて行ってとのリクエストに、下のお店に。
e0000881_15242661.jpg
もともとフランス統治時代のお屋敷を使った、ベトナムの色々な地域の料理が食べれる所との事。
広い庭部分にタープをかけてしまって、その廻りで調理してる姿も見えながら食べれます。
e0000881_15244105.jpg
ご飯は写真撮り忘れ。揚げ春巻き、葛餅っぽいもの、混ぜ麺、ポークの甘辛ソースみたいなのとか、色々と。
ハノイなどの北側が、塩分つよめ系、南側が甘酸っぱい系と、南北に長い地形のベトナムでは地域で気候も違うので、味も違うそう。
最後のデザートに、「チェ」かき氷とドリンクの中間みたいなもので、ベトナムではポピュラーなデザート。右のカラフルなのが、最近のもので、左の2つが伝統的なタイプ。
e0000881_15245528.jpg

午後からの、設計チームとの打ち合わせは、少し消化不足でした。
工事見積もりの調整が難航してズレ込んで、まだしっかりと図面を把握して貰ってない状態。なのと、正直、担当者としては、あまり乗り気ではない感じも。普段は自社設計で、チェーン展開をガンガンしている所としては、他所から来て…という所のあるかと思うけど。

そんなガラス張りの東京かニューヨークかここは?と思うようなオフィスからの下の景色。
e0000881_15250904.jpg
ギャップが凄いです。
夜は教えて貰ったローカルな酒場通りに。
e0000881_15252001.jpg
e0000881_15252953.jpg
道にもテーブルや席を出しているのだけど、合法ではないようで、警察が来てるから下げろっぽい場面なんかも。ここでも、日本語を少し話せる現地の人と出会ったりも。

3日目は、急きょながら、現地で確認可能な素材をということで、モザイクタイル屋さんへ。
なぜかガラスモザイクが豊富でした。
とりあえず、タイルについては、最低限の目途を立てれたかなと。1個白マットの二丁掛けタイルが見つかってないけど…
e0000881_15253837.jpg

とりあえずは、現地での業務は完了となり、ふたたびお昼へ連れて行って貰うことに。
道中、ものすごく不安な状態のビル間など。
e0000881_15254731.jpg
そしてローカルな裏道へ。
e0000881_15260027.jpg
道端に散髪屋さん。
e0000881_15260811.jpg
辿り着いたのが、「バン・チャ」が食べれるお店。
e0000881_15261981.jpg
e0000881_15263397.jpg
豚肉を竹櫛で焼いたのと香草とを甘酸っぱい系の汁で頂くつけ麺。麺はもちろん、ライスヌードル。麺がもちもちで大量なので、先に箸で小分けに切って食べるという手順。
ここの揚げ春巻きがサクサクジューシーで、香草もフレッシュ。今回のごはんで一番美味しかったです。

その後に、担当してくれているクオック氏が、彼女と経営しているカフェに。チームで働きながらも、個人での経営もしてるという、なんともパワフルな。
そして、内装デザインも綺麗で、メニューも美味しい。
e0000881_15264710.jpg
その後には、チーム内のまた別の人のお姉さんと経営している服飾のお店にも。こっちも可愛いデザイン。
やり手が集まった会社と、仕事させて貰っているんだなと再認識。
e0000881_15270221.jpg

最後は、少し残った時間で、ハノイ旧市街付近を歩いてベタな観光。
野良ニワトリがいたり。
e0000881_15272032.jpg
オペラハウスがあったり。
e0000881_15273643.jpg
アオザイで踊る場に遭遇したり(TVの仕込みだったようですがw)
e0000881_15274586.jpg
池の真ん中に立っている寺院。
e0000881_15275520.jpg
e0000881_15280419.jpg
e0000881_15281314.jpg
e0000881_15282587.jpg
あちこちで見かける、増殖していく建物。
大きな事故にならないのか、少し不安にもなります。
e0000881_15283490.jpg
スターバックス・リザーブにも遭遇。
日本での存在も知らなかったのに、ハノイで初スタバ・リザーブ。
e0000881_15284459.jpg
e0000881_15285220.jpg

そんなこんなで、やっぱりパワフルでスリリングなハノイでした。


[PR]
# by coil_matumura | 2017-06-20 16:51 | 建築
HEAD研究会×LIMIAリノベコンペティション2017【プロリノベ部門  準グランプリ】Re:Toyosaki 受賞
e0000881_09123257.jpg

Re:Toyosakiが、HEAD研究会×LIMIAリノベコンペティション2017 プロリノベ部門で、準グランプリ受賞しました!リノベーション案件が、新しいお問合せが連続したり、昨年にご提案していたのが動きそうな気配を見せたりとしてる時期で、もう一度、Re:Toyosakiを評価して頂ける機会を頂いたのは大変励みになります。
LIMIAの関係者の皆さま、そして審査員の方々、本当にありがとうございました。

結果発表詳細はこちら
そんな嬉しいお知らせ受けた所で、明日よりベトナム ハノイでの Yu Tang-project の現場へ行ってきます。色々と初めての事が多く、廻りに助けて貰いながらですが、素敵なお店になる様に、工事側との確認に行ってきます。

[PR]
# by coil_matumura | 2017-06-13 09:32 | 建築
homify掲載
e0000881_14312972.jpg

homify掲載して頂いています。ありがとうございます。

S-house
https://www.homify.jp/ideabooks/3285815/程よい抜け感と繋がりをもつ柔軟な住まい

Re:Toyosaki
https://www.homify.vn/ideabooks/3200164/Học-hỏi-ngay-cách-tiết-kiệm-từng-cm-trong-căn-nhà-nhỏ-Nhật-Bản-này (ベトナム)

季節の変わり目で、休日が取れてなかったのもあってか、疲れも溜まりだして、気持ちの余裕が持てなくってしまってました。
忙しくとも楽しんで、ゆったりとした心持ちで崩れない様になれる様にありたいですが、まだ精進が足りてないようです。


[PR]
# by coil_matumura | 2017-05-23 14:59 | 建築
風呂ンティア Re:Toyosaki
e0000881_18040150.jpg
権田直博さんに、Re:Toyosakiのお風呂に富士山を描いて貰いました。計画のページで追記しています。
権田さんのアートプロジェクト「風呂ンティア
思っている以上にワクワク出来ちゃいます。
お風呂好きの方はもちろん、今まで、お風呂はそんなに…という方に。
「一家に一富士」いかがですか?

[PR]
# by coil_matumura | 2017-05-08 18:13 | 建築